◎TOPページへ移動

◎使用楽器・機材紹介のページ

◎バンド「Cheek Trip」のページ

◎DISCO NIGHT のページ(無事終了♪)

◎BBS(掲示板)(ご自由にどうぞ♪)

 

 

 

 

 PREBASSIST NASU’s

LIVE PHOTOS

比較的最近のライブやセッションの画像をチョロっと公開 ・・・後悔しない程度に(ナンチャッテ)

 

 

 

2020/6/26()

「DJナイト」 @小岩「Back In Time

新型コロナに阻まれ、各地で開催予定だった沢山の音楽イベントが中止になっていましたが、「DJナイト」@BIT(ライブではありません)が復活しました♪ イントロクイズのコーナーは、最初邦楽系の出題が多くヤバい感じでしたが、後半得意の洋楽系が出題されて、優勝出来ました♪ 2問程横取りっぽいのもありましたがご勘弁を。げんちゃん、梶川マスター、ご来場の皆様、お疲れ様でした、有り難う御座いました。

  

 

 

 

2020/6/23()

「ブルース/ロック系セッション」 @小岩「Back In Time

新型コロナに阻まれ、各地で開催予定だった沢山の音楽イベントが中止になっていましたが、少しづつですが元の日常が戻ってきて、ようやく地元でも演奏することが出来ました。

セッションリーダーのサイトーGさん、チョッパー、中川君と久々の再会、そして参加の皆さんとも久々でした。BITの環境でKALAのウクレレベースを試したくて、というのもありました。イィ〜感じでBlues出来たと思います。途中ジャズ/フュージョン系の有名ナンバーも演ったりしました。マスク着用がホールドアップの集団みたいで異様でしたが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました♪

  

 

 

 

2020/5/31() その2

毎年恒例イベント「AkiNasuは嫁に食わすな」残念会 @平井「Chat-Chu

新型コロナの影響で中止になったバースデーライブ、出演予定だった仲間が集って、残念会を催しました。既に宣言解除になっていましたが、皆(俺も含めて)ライブ/セッションが出来なくて欲求不満がタマっている様で、良いガス抜きになった感じでした。マスターから「小音量OK」を頂いたので、アコースティック(プラグド)でセッションもしました。とても楽しく有意義な時間だったと思います。一刻も早く元通りの日常を取り戻したい気持ちが強くなりました。

       

 

 

 

2020/5/31() その1

「鍋焼きうどん」リモートセッション公開 収録@おうち

高校同級生バンド「鍋焼きうどん」で初めてのリモートセッションをアップロードしました。元は俺の入っていないSNSに登録されるのですが、より多くの方々に観て頂ける様にyoutubeに載せました。出来の方はあれですが・・・各々の自宅で撮影して(別撮り)でその後編集(俺はやってません)、初めての挑戦(一回撮り直し/録り直ししています)の割にはまずまずかと思います。お楽しみ頂けたら幸いです。下記画像をクリックで観られます。

 

 

 

2020/4/4()

UKULELE ROCK MON」演奏動画撮影? @小岩「スタジオM」 (更新しました)

ウクレレユニット「UKULELE ROCK MOM」のお二人と、演奏動画を撮影しました。最近入手のKALA UBASS Journeyman(ウクレレベース)大活躍でした。何の撮影かというと、中止になった4/16の「オルフェウスジャム」の代替え企画で(ここから先は意味が解ってなくて書いてま〜す→)、当日20:00よりORPHEUS JAMTwitterアカウントにてツイキャスを行うのに載せる動画の撮影です。

ORPHEUS JAMTwitterアカウントは https://twitter.com/orpheus_jam です。『4/16当日、ご自分のTwiterFacebookのご自分のアカウントにてコメントを投稿して下さい 投稿の際には「#orpheusjam」「#オルフェウスジャム」のハッシュタグをつけてください 同時にオルフェウスジャムのTwitterアカウントにて皆さまの投稿URLを拡散します どんどんリツイート、シェア、コメントなどお願い致します!』とのことです♪

ここから追記】その後、「UKULELE ROCK MOM」を含む配信当日の投稿分全てのリンクを網羅したページが「オルフェウスジャム」BBSに出来ました。コチラからご覧下さい→ リンク

 

  

 

 

 

2020/3/28()

Tometto」チューニングライブ観戦 @平井「Chat-Chu

38日に小岩で共演した「Tometto」のお二人のライブ観戦、晩飯を兼ねて行ってきました。新型コロナウィルスの影響か、お客さんはかなり少な目でしたが、その分濃く堪能出来ました。食事も美味しく、素敵な時間を過ごすことが出来ました。お二人とは、613日に同店で再度共演予定です(残念ながら、新型コロナウィルス/東京都ロードマップの影響で、中止とさせて頂きます ご来場を予定されていた方々、申し訳ありません)

   

オマケ

店内にいる時、某素敵な女性ミュージシャンとイベント中止云々(ToT)についてメールでやりとり、「Chat-Chu」でジャンバラヤ賞味中だということを「Goodbye Joe he gotta go me oh my oh」と送ったら(上記写真添付)、解ってくれた様で「He gotta go pole the pirogue down the bayou ♪」と返信がありました。粋です。益々素敵に思えました。

 

 

2020/3/24()

「音音オープンマイク&セッション」 @平井「Chat-Chu

ウクレレベース持参で参加して参りました。例によって遅い時刻の到着でしたが、アケママ ウクレレ番長マリちゃん ドラマー梅ちゃんと一緒に村松ショータロー君(オルフェウス・ジャムのM.C./シンガーソングライター)のオリジナル曲や、イーグルス、アッコさんのバックで明菜ちゃんナンバーを演ったりしました。お付合い頂いた方々、有難う御座いました。

   

 

 

2020/3/21()

ウクレレベース「KALA UBASS Journeyman」テスト? @平井「Chat-Chu

同日同店で開催予定の「Hirai Bluesy Night Vol.19 (ブルース・セッション)」、俺はホスト・バンド・メンバーで演奏することになっていましたが、諸事情で中止になってしまいました(新型コロナウィルスとは無関係)

そこで、入手したばかりのウクレレベース(フレット付、巻弦仕様)をテスト(アンプを通して鳴らす)させてもらいに、晩飯食いがてらお邪魔しました。フィッシュ&チップスで美味しくお腹も満たされ、いぃ〜感じにビールも効いてきて、気分の良い間にウクレレベースを鳴らしてみました。

そしたらかなり良い感じ♪ 元々家ではアンプ・シミュレータをかけてヘッドフォンで鳴らしていて、その状態でプリアンプ(本体)のセッティングを決めていて、実際のスピーカーからの出音はヘッドフォンのそれとニュアンスがほぼ同じでした。エレキベース/エレアコベースに近い感じで、20インチ程の超ショートスケールと箱ボディでサスティンは同じになりませんが、フレット付で巻弦なのはかなり実用的です。「じゃぁ普通のベース弾けばいいじゃん」というツッコミは無しです。このサイズ・このウエイト・このルックス (しかも安価) で、ロックやブルースのセッションで使えるなんて素敵じゃないですか♪

ハウリングの状況は、EQフラットでかなりの大音量まで上げて、弦から手を離した状態でローミッド辺りが徐々にフィードバックで増幅されていく感じで、普通の音量で演奏するには全く問題無いと感じました。ということで、独り寂しく(ギャラリーもいましたが)テストは終了、でもかなり安心出来ました。

その後、マスターや他のお客さんと駄弁っていたところに、ドラマー金子君が登場、彼は他店でドラマーの集い的な飲み会(かなりコア!! ニッチ!!)から来てくれました。そこで、今度はドラムスとウクレレベースでジャム・セッション、やっぱりアンサンブルで鳴らしてみないとですね。マービン・ゲイ、キャロル・キングで軽く合わせたのですが、全く問題無しです。更にこの楽器に対する期待度・信頼度がUPしました。金子君有難う。とても有意義なテストでした♪

   

ドラマー金久君について・・・

彼とは長年「♀Momotango(モモタンゴ)というソウル/R&B系のバンドを一緒に演っていて、しかし彼のお仕事の関係で一緒に出来なくなってしまい、「バンドをお休み」という形となり、トラに入ってもらって暫く同バンドでのライブ活動はおこなっていたのですが、なんとなく自然消滅でライブをしなくなりました。

ある日Chat-Chuマスターから「金子君がライブ活動出来る環境になった」と聞かされ、更に「♀Momotango♂」復活を熱望され、俺もその気になってメンバーに連絡をとりました。しかし、同じメンバーでの復活は困難ということが判明、ちょっとガッカリで気持ちが落ち込んでしまいました。

ところが、金子君が先日のYellow Soul Line@小岩「Back In Timeライブを観に来てくれて、更にこのウクレレベーステストにも来てくれて嬉しい限りです。軽く2曲合わせただけですが、最初ギクシャクしてもすぐフィーリングが合ってきました。長年一緒に演ってきた経験みたいなモノがすぐに蘇ってきた感じで、とても楽しく演奏することが出来ました。

今後「♀Momotango♂」かどうかは拘らず、別の形態やどこかの組に混ぜてもらうことも含めて金子君と一緒にライブを出来る様に考えていきたいと思います。

 

 

2020/3/8()

Tometto」&「Yellow Soul Line」ジョイント・ライブ @小岩「Back In Time

沢山のお客様にご来場頂きました。有難う御座いました。

今回は平井で知り合って、最近一番の俺のお気に入りアコースティック・デュオ「Tometto」にジョイントをお願いしました。そして「Yellow Soul Line」はBIT初登場なのと、更に不慣れなアコースティック・バージョンで、実は初回リハーサル難航、その後何度もリハーサルを重ねなんとか形になったかな、くらいの状況で緊張しまくりでした。

でも案ずるよりナンチャラで、競演者と温かいお客様に恵まれ、とても素敵な時間を共有することが出来たと思います。また、BIT梶川マスターにも感謝です。ラストは合同演奏、ユーミンナンバーを演奏して気持ち良く終わることが出来ました。更に付け加えると、バンド「♀Momotango♂」(活動休止中)で一緒のドラマー、金子君が来てくれて、超久々の再会となったのも嬉しかった出来事でした。

                

思うところ・・・

久々のライブ@ Back In Timeでした。個人的にはここ2回程ライブの機会があったのですが(Simple Dreams U音歩家)、メンバーの体調不良や身内のご不幸により実現出来ませんでした。また今回は新型コロナの流行で、世間のキーワードはスポーツジムとライブハウス、でもだからこそ健康を損なわず楽しく実現させたかったんです。ご来場の皆様、有難う御座いました。

 

 

2020/2/25()

「音音オープンマイク&セッション」 @平井「Chat-Chu

久々に参加して参りました、猪古さん仕切りのオープンマイク&セッション。ウクレレ番長マリちゃんのバックでの森高ナンバーを弾いたり、アッコさんのバックでミスティーしたり、なかなか面白かったです。また機会が合えば参加したいと思います。

 

 

2020/2/23()

Yellow Soul Line」 @長生・九十九里「Fany Fany(パニパニ)

YSLFany Fany」初登場です。

今回のライブは、YSLバンマス菊地さん:g,voと親しい小次郎さんg,voの企画で、声をかけて頂き出演させて頂きました。この企画の出演者の編成はアコースティックギターがメインで、我々YSLもアコースティックVar.で演奏、初の試みで緊張この上ない状況でした(リハーサル難航)。しかし始まってみれば「按ずるより云々」で想像より良い出来だったと思います。我々の他の出演者は、アコースティックギター弾き語りあり、ア〜イ〜ヤ スイスイ オキナワンな三線弾き語りあり、地元サーファーの大所帯バンドあり、とてもバラエティーに富んだ内容でした。楽しい雰囲気に飲まれて、アルコールに飲まれて、出番が終わって観戦途中で気絶してしまいました。

    

↓「三浦武史」 「Le Petite joie」 「さんしんジロー&KIYOMI」 「小次郎」 「波楽バンド」

    

お店のご紹介

Fany Fany」は昨年秋にオープン(移転)したばかりの新しいお店です。マスター(牧田 PaPa 和夫さん)は過去に芸能関係にいらした方で、K-POPの「少女時代」を担当されていたとのことです。店内外にはその関係のディスプレイが多数ありました。店名の「Fany Fany(パニパニ)」は、元「少女時代」のティファニー(現在米国で活動中)にちなんだもので、彼女とマスターは親しいそうで、現在も交流があるそうです。韓国の方は「ファ・フィ・フ・フェ・フォ」の発音が難しいそうで、ティファニーが「ティパニー」になるそうです。「ティパニー」の後半「パニー」を2回繰り返して韓国っぽい感じにしたそうです。当然ティファニーご本人もご存知とのことです。

   

 

 

2020/2/22()

Tometto」チューニングライブ観戦 @平井「Chat-Chu

俺が演奏するライブじゃありませんが、約2週間後に共演予定の「Tometto」のお二人のライブ観戦です。YSLドラマー「ニッチョ」と一緒に観てきました。温かいお客さん達のエネルギーで、店内はホンワカムードが漂って、しっかり楽しめました♪

  

 

 

2020/2/5()

「オルフェウス・ジャム」 @小岩「Live Theater Orpheus

ハンゲイト先生、お色気酒場ソング、豪州代表HRバンド、木更津お祭りソングを弾きました、歌いました♪ アフターも盛上がって音楽仲間達と楽しく素敵な時間を過ごしました。

       

 

 

2020/1/31()

@小岩「居酒屋 のんくん」

約三年間、仕事帰りのストレスパンパンな時に心を癒してお腹を満たしてもらったり、ライブやセッションの後にパーッとやったり、俺には必要な場所でしたが、残念ながら20201月一杯でお店が閉まってしまいました。混雑の中、音楽仲間と押しかけてラストを惜しみました。のんくんありがとう。

 

 

 

2020/1/11()

Hirai Bluesy Night vol.18」 @平井「Chat-Chu

不定期開催のブルースセッションでホストバンドを演らさせて頂きました。年明け早々にも関わらず、沢山の方々にお集まり頂きました。有難う御座いました。また2020年も何度か開催出来ると思います。宜しくお願い致します。

っていうか、ブルース好きなベーシストの皆様、是非ご参加下さい。今回もベーシストの参加ゼロで、俺はずっと弾きっぱなしでした(*_*)。この状況を予想してベース(楽器)は、手持ちのソリッドの中で一番軽い Epiphone Embassy を使いました。

        

 

 

2019/1/4()

イベント「NEW YEAR BLUES LIVE SESSION 2020!!

Yellow Soul Line」 @蒲田「KAMATAぶらぶら」

新年一発目のライブはYSL、昔からお世話になっている船橋マスターのお店で演らさせて頂きました。ご来場頂きましたお客様、競演頂きました出演者の皆様、そして船橋マスター有難う御座いました。

 

 

2019/12/31(火・大晦日)

イベント「Nonborders Jam 2020 カウントダウン」

Yellow Soul Line」@茂原本納「Studio Clove

今年も参加させて頂きました。お蕎麦・お餅等食べ放題でしたが、具をつまみに沢山飲んじゃいました♪ 特に舞茸天を塩や蕎麦つゆで食べるが美味しかったです。YSLライブの他ジャムセッションにも参加しました。家庭の事情でカウントダウン前に帰らせて頂きました(年明け寸前で帰宅出来ました)

  

 

 

2019/12/22()

イベント「DISCO NIGHT

ORPHEUS DISCO NIGHT BAND」@小岩「Live Theater Orpheus

70年代〜2010年代のディスコ/ソウル/R&B/ロック/歌謡曲のヒット・ナンバーを15人編成で28曲演奏しました。年末だけの恒例行事、年々盛り上がりを増していると実感しました♪

今回は曲数が凄く多くて、リハーサルも平日夜中迄なんて状況もあったりで、メンバーとしてはかなり準備に苦労がありました。でも、ステージからお客様の楽しそうな笑顔を見ると、プレーヤーの俺も元気が出てきて演奏もまずます上手くいったと思います。

2020年も開催予定と聞いています。ご来場宜しくお願い致します。

           

 

 

2019/12/17()

「オルフェウス・ジャム」(学園祭セッション) @小岩「Live Theater Orpheus

10月に大雨の影響で中止になった「学園祭セッション」のリベンジでした。スティング先生、ハンゲイト先生、ジョンジー先生を弾きました、歌いました♪ アフターも盛上がって音楽仲間達と楽しく素敵な時間でした。

        

 

 

2019/12/7()

「石田一家」と「鍋焼うどん」 @瑞江「HOTコロッケ」

15ヶ月に1回のイベント「YOUMUST 小松川ナイト」、高校同窓生バンド2組で楽しんで来ました。今回はユーミンさん(メドレー)、アン・ルイスさん、ジュリーさん、ツイストの有名ナンバー(普段演らないタイプ)を楽しく演奏しました。特にユーミンメドレーは、同年代の女性陣にウケました♪ 楽しく飲み過ぎました。次回は2021年3月です。

     

 

 

2019/10/12()

「桑原コースケ & The Bluezzy Cats」 @秋葉原「IkeBECK

イケベ楽器がプロデュースするライブスペースで、初めて演ってきました。個人的には、アギュラーのベーアン(オンボードプリアンプも)はローがズドーンと出過ぎるので好きじゃないし、ワイヤレス禁止なのが気に入らなかったのでリハーサルの時ブツブツボヤいたけど・・・なんとお店のスタッフが、以前セッションでご一緒したヤノさんでした(文句言ってご免なさい)

面白かったのがビールの品揃えで、有名バンドのラベルのモノ等もあり、アイアンメイデン飲んじゃいました。

           

↓「Funky BOOKER'S

オマケ

秋葉原到着が早過ぎたので、リボレのベース売り場探検しました。そしたら以前から気になっていたバッカスのアクティブプレベ(お安いシリーズ)が置いてあったので試奏させて頂きました。

基本はプレベ、そこに2バンドEQが付いているベースで、個人的にはロジャー・グローバー先生がレインボー時代に使っていたフェンダープレベスペシャル、

そんなイメージが強く、憧れのベースに近い?・・・と思ってたけど、実際は思っていたのと随分違っていました。トレブルノブ/ベースノブ共にセンタークリック(±0dB)の位置で音色がプレペっぽくないんです。両方共フルカットの状態でプレベサウンドという感じになるので、センターの位置で既にプリアンプで音色を作っているだと思います(現代風に?)。プレベの姿で別モノと思って使うアクティブベースだと思いました。使い勝手は良さそうです。安いから買っちゃうかも・・・。(加筆あり)

 

 

2019/9/29()

Yellow Spul Line」 @錦糸町「Pappy's

今回の「Yellow Spul Line」は、同店前回同様、諸事情で時々しかライブに加われない「チャーリー三橋」さん(G,Vo)も入ってのフルメンバーでのライブでした。とても良い雰囲気で気持ち良く楽しく演奏出来ました。また、お店のベースアンプがギャリエン・クリューガーに変わってて、コレが小ぶりなのにパワフル、コントロールノブも比較的シンプルで使い易く、気持ち良く鳴ってくれました。

そして、競演者達が強力でした。C&Wオリジナル曲の「The 夕暮れ Street Band」は、ストリングベンダー搭載テレキャスターで、ワウ/Volペダル/スライドを駆使する(しかも1曲で全部切り替える場合もあり)猛者、ハイハット&バスドラムを踏みながらフィドル(バイオリン)を弾いたり、芸達者な方々に驚かされました。ロックトリオ「BDバッヂ」は、圧巻のライブパフォーマンスでJ.H.エクスペリエンスにしか見えませんでした(曲はオリジナル)。もう〜対バン観戦でも沢山楽しめた素敵な夜でした。

↓「The 夕暮れ Street Band」 「BDバッヂ」

 

 

 

2019/9/23(月・祝)

「桑原コースケ & The Bluezzy Cats」 @蒲田「KAMATAぶらぶら」

直前にメンバーの方が体調を崩されたそうで、対バン「大臣セントラルステーション」(グラハム・セントラル・ステーションのトリビュート・バンド)の出演が無くなってしまい(正直、凄く楽しみにしてました(ToT))、「エッ? ワンマンっすか〜!!」と一時はどうなるかという危機でした。しかしそこはマスター船橋さんの顔と力、「シ・ユーヴンス」「Cry Baby's Journey」という2組の対バンが決まり、それを知ったのは9/23当日でした。

そんなスッタモンダは、我々「桑原コースケ & The Bluezzy Cats」にもありました。事前のサウンド・チェック時点で、ナベさんのテナー・サックスに異状発生、一ヶ所キーが壊れていて音がちゃんと出ない事態に、急きょすっ飛んで帰ってソプラノ・サックスにチェンジしました。

今回のライブは「何か良くないモノにとり憑かれているんじゃないか」そんな不安がありました。でも始まってみれば案ずるよりナンチャラで、とても楽しい秋分の日となりました♪ 特に対バン「Cry Baby's Journey」はハイテクJ.メイヤートリオみたいな感じで(俺の勝手なイメージです)、超カッコイィ〜!! 素敵な夜になりました♪

    

↓「シ・ユーヴンスのやぎちゃん(演奏写真撮れませんでした)」 「Cry Baby's Journey

 

 

 

2019/9/15()

Yellow Spul Line」 @蒲田「Catfish

久々の「Catfish」でした。今回の「Yellow Spul Line」ゲストで粋なハープ/ヴォーカル「徳さん」に入って頂いて、定番のブルーズナンバーを演りました。何だか錦糸町組がそのまま蒲田に遠征してきたみたいな・・・お知り合い沢山でアットホームな雰囲気があって良かったです。ブルースフィーリングなロックナンバーやAOR系を、凄くリラックスしながら楽しく演奏出来たと思います。一部不愉快な出来事を除いてはskull-399745_960_720[1]

以前から各所ブルースセッションで、馬鹿デカイ音量で弾きまくり、音もガンガン外してリズム滅茶苦茶、ソロが明けて歌が始まってもまだ弾き続ける、しかも楽しそうにニヤニヤしながら(頭がおかしい?)、参加していた「Catfish」前オーナーが怒って途中で帰ってしまった(その時俺は同じセット)、そんなこともありました。その男に何度か遭遇していて覚えていたんです。奴が対バンで出演、「全然解っていない奴だったけど、色々経験して成長した/勉強したのかな?」と演奏が始まる前は思っていたのですが、結局ダメダメでした。聴くに耐えないとはこのことかという感じでした。ライブに付き合っているメンバーの友人達が気の毒に思えました。多分一生ああなんだと思います。

ライブ終了後奴から俺の演奏に対してケチがつけられました、しつこく何度も。挙句の果てには、YSLメンバーと楽しく談笑中の俺の背中にドンッと当たって謝りもしない、今後奴との対バンはお断りします。

            

↓「サヴァ缶's」 「リターンズ」

  

 

 

2019/9/14()

Hirai Bluesy Night vol.15」 @平井「Chat-Chu

平井「Chat-Chu」不定期のブルースセッション、ホストバンドを演らさせて頂きました。今回ホストバンドは諸事情により、Shogo Akiyamaさんにギター/ヴォーカルで加わってもらいました。沢山の方々にお集まり頂き、ブルースだけでなく黒本ガン見でスタンダードナンバー等など、色々演奏しました。今回は()ベーシスト参加者ゼロで、全曲弾かさせて頂きました。ご来場の皆様、有難う御座いました。

     

 

 

2019/9/8()

「桑原コースケ & The Bluezzy Cats」 @銀座「Rocky Top

台風15号接近中の中、WEBの台風情報とにらめっこしながら進捗、そんなライブでした。でも案ずるよりナンチャラ、日頃の行いが良いのか風雨が酷くなる前に終演、帰宅出来ました。

今回のライブは、普段よく対バンする「BOOKER'S」、先日ブルヒでも共演のシンガーソングライター「LiLiA」ちゃんに加え「YOKO∞」ちゃんのコラボ、盛り沢山の内容でした。

BOOKER'S」は今回Voバンドとして復活、イケてるシンガー落合さんが加入、その落合さんが俺の職場最寄駅前でCDショップを営んでいることが判明、思わぬサプライズでした。

LiLiA/YOKO∞」コラボレーションは、カーペンターズやミュージカルナンバーのカバーに加えお互いのオリジナル曲を演奏、ムサいオヤジバンドライブに華を添えて頂きました。お二人とは、ジャズスタンダードなナンバーで「The Bluezzy Cats」と合同演奏もしました。

      

↓「BOOKER'S

↓「LiLiA/YOKO∞」

 

↓「LiLiA/YOKO∞」「The Bluezzy Cats」合同演奏

 

 

2019/8/31()

Yellow Spul Line」 @イベント「大バーベキュー大会」

6月に千葉土気「昭和の森」で開催した「土気ROCK祭」、その打上げを兼ねて同所内のBBQ広場で行われました。YSLメンバーで参加してきました。今回演奏は無しです。夜になっても全然お腹が減りませんでした。

 

 

2019/8/25()

Yellow Spul Line」 @イベント「KAMATA BLUES FESTIVAL 2019!!(2日目)

KAMATAぶらぶら」で開催のブルース系イベントに出演させて頂きました。前日が休日出勤で少々お疲れモードでしたが、クラプトンナンバーやCharさんナンバーを楽しく演奏出来ました。久々の再会もあって、ヤギちゃん、オオクワさん、ヒラノ君に会えたのが嬉しかったです。後半のセッションタイムは疲れもあって辞退、ガンボとビールでお腹を満たして帰宅しました。

      

↓「ぶらぶらウォーカーズ」 「MAC & THE BAD CATS」 「熊朋油 & The Dynamos」 「荏原和弘トリオ」

   

 

 

2019/8/18()

「桑原コースケ & The Bluezzy Cats」 @イベント「サマーフェスティバル」

今年も中央区浜町公園で開催の野外ライブに出演させて頂きました。ですが・・・例年に増して灼熱ライブ、クラクラして演奏中倒れるんじゃないかと思いました。そこへ更にベースアンプ不調で音が突然消えたりして、PAの方が起点を効かせて急きょアンプを使わずDIで鳴らして後半は上手くいきました。

今回は諸事情でドラマー小笠原君が出演出来ず、BOOKER'Sの小田さんにエキストラして頂きました。写真は、観戦に来たBOOKER'SのベーシストSAKAさんに撮って頂きました。

終了後、錦糸町へ移動して「すみだジャズ」に出演の友人を応援しました。そこでも暑さにやられそうで、水分補給しながらの観戦でした。ヘロヘロになりながらの野外ライブデーでした。

   

↓「aya sueki」@すみだストリートジャズフェスティバル

 

 

2019/8/4()

Yellow Spul Line」 @イベント「Daytime Blues

今年も鴨川前原海岸で開催の野外ライブイベントに参加してきました(昨年のイベント名は「Beach de Blues)。狂熱のライブならぬ灼熱のライブ、ビールが美味しくて〜♪ バリバリに日焼けしました。

  

 

 

2019/8/3()

Yellow Spul Line」 @イベント「Pappy's Blues FES.

今年も錦糸町「Pappy's」で開催の恒例イベントに出演させて頂きました。出演者もギャラリーも知った顔が沢山でアットホームな気分でブルーズしました♪

         

↓「パピーズブルースバンドトーキングサンダースペシャル」 「十三号地楽団」 「パグバンド」 「Blues!

   

 

 

2019/7/13()

Hirai Bluesy Night vol.16 特別編」 @平井「Chat-Chu

不定期ながら恒例のブルースセッション、今回は特別編で、石川二三夫さん(日本を代表するブルースハープ奏者の一人)のライブ&セッションでした。また沢山のプレーヤー、そしてギャラリーの方々にもお集まり頂き、賑々しく素敵なブルージーナイトになりました♪ 石川さんライブコーナーの選曲がクラシカルな曲が多く、今回はフラットワウンドを張ったF/Jのプレベ(62年リイシュー)で臨みました。

但し、セッションにベーシストの参加者がゼロで、終始弾きっぱなしの俺でした。正直言って疲れちゃいまして、終盤座って演奏させて頂きました。お疲れ様、俺。

セッションに参加して下さったドラマーの「チカゲ」さん、普段石川さんとも一緒に演っているという方で、ドラムプレイが素敵過ぎて、一緒に演っていて吸い込まれそうでした。

   

 

 

2019/7/7()

イベント「平井居酒屋音楽祭」 @平井「はなの舞 平井南口店」

OKAMURA'S」「aya Sueki

俺のライブじゃありません、演奏してません、ライブ観戦です。同イベントがファイナルということと、記念すべき第一回には俺も出演したことと、友人のバンドが出ることもあって、嫁さんと観戦に行って来ました。嫁さんが「ayaちゃん観たい」って言ったのが一番の理由かも。観客にも友人が沢山いてとてもアットホームな気分で楽しめました♪

       

↓トメちゃん(Tometto)とハイチーズ 只の酔っぱらいで〜す♪

 

 

 

 

 

 

◎TOPページへ移動

◎使用楽器・機材紹介のページ

◎バンド「Cheek Trip」のページ

◎DISCO NIGHT のページ(無事終了♪)

◎BBS(掲示板)(ご自由にどうぞ♪)